竹内工務店の特長

人々の生活を豊かにし、
地域社会に貢献する建築とインフラを。

特長

01

創業1927年
94年の歴史がある工務店

特長01

竹内工務店は土木と建築をメインとする施工管理会社です。 東京都の安定したライフラインを常に維持するため、熟練の技術と惜しまぬ努力で都民の生活を支える縁の下の力持ちを目指します。 また、技術力と機動力で社会貢献してまいります。

特長

02

東京都や足立区をはじめとした
官公庁との取引がメイン

特長02

東京都や足立区をはじめとした官公庁との取引がメインとなり、市区町村の学校や建設工事の建築施工管理・上下水道の土木施工管理など、これまでたくさんのプロジェクトに携わってきました。また、東京都やさまざまな団体様から高い評価をいただいています。

特長

03

品質・コスト・安全性
全てを考慮した
竹内工務店の4つの特殊工法

特長03

全国でも施工会社が少ない特殊な工法を用いることで、これまで困難だった施工を効率よく行ったり、効果が高い補修工事を修めるなど、顧客満足度が高い工事を行います。

SPR工法(下水道管渠更生工法)
SPR工法(下水道管渠更生工法)

既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填します。古くなった管きょを既設管・更生管 ・裏込め材が一体となった強固な複合管として蘇らせます。

既設人孔耐震化工法
既設人孔耐震化工法

マンホールと管の接続部を柔軟な構造にすることで、レベル2地震動による管の屈曲・抜出し・突出しに対応する工法で、更生済の管の耐震化にも対応できます。

更生管マンホール接続部耐震化工法
更生管マンホール接続部耐震化工法

マンホールと更生管の接続部がレベル2地震動による管の屈曲・抜出し・突出しに対応できるよう、管の更生前に管とマンホール接続部を柔軟な構造にすることで、管の更生と耐震化を同時に図る工法です。

フロートレス工法(人孔浮上抑制工法)
フロートレス工法(人孔浮上抑制工法)

地震で生じる過剰間隙水圧をマンホールの壁面に設けた消散弁により消散させることで、マンホール周辺の地盤の液状化とそれによるマンホールの浮上を抑制する工法です。